フロアコーティングの耐久年数について

フロアコーティングの耐久年数についての説明です

フロアコーティングの耐久年数

耐久年数とはフローリングを守るコーティング効果(樹脂等による保護膜)の期間です。

生活して行く上でフロアコーティングの表面には細かなスリ傷等がつく事により、徐々に光沢が落ちていきます。

しかしフロアコーティング効果がなくなっている訳ではありません。

一番の目的はフローリング表面の保護にあります。

直接フローリングにつく傷をコーティングが受け止め守ってくれます。

仮にコーティングをしていない場合は傷が直接フローリングにつく事となります。

 

フロアコーティングの耐久年数に関しましては一般的な4人家族の想定です。

当然人数が多ければ消耗度は増しますし、人数が少なければ消耗度は減ります。

あくまでも目安の耐久年数となります。

また徐々に摩耗しますが、廊下やリビングと較べると、洋室などは消耗度が低く、耐久年数を大きく上回る事もあります。

 

フロアコーティング施工後の取扱方法でも大きく変わる場合もございます。

例えばフローリングの上にホコリや砂などがある場合、スリッパで歩く事で砂やホコリを引きずってしまい、細かいヤスリで削っているのと同じ事になります。それだけ表面に擦り傷がつき、光沢が落ちコーティングが早く摩耗する事になります。

メンテナンス次第で性能がより長く続く事となります。

フロアコーティングのライフステージ